第一列王記 8:27-30

 神殿を建てた理由が語られている。神の家であるが、でも、実際には神がこんなものに...

» 続きを読む

|

第一列王記 8:22-26

 ここから、ソロモンによる長い祈りが書き記されている。この内容はとても大事なもの...

» 続きを読む

|

第一列王記 8:14-21

 この発言は、ソロモンの王権が正統であることを指し示すものにも聞こえるかもしれな...

» 続きを読む

|

第一列王記 8:12-13

 主は暗闇に住む、とは、申命記4:11からすると、シナイ山での光景を意識したもの...

» 続きを読む

|

第一列王記 8:10-11

 神殿が神殿であるためには、壮麗な建物があることよりも、「主の栄光」がそこに満ち...

» 続きを読む

|

第一列王記 8:9

 神の箱は敵に奪われたこともあり、厳しい変遷をたどってきたけれど、十戒の板はちゃ...

» 続きを読む

|

第一列王記 8:6-9

 契約の箱はモーセの時代に造られたもので、長い辺が1.1m程度のものだから、飢え...

» 続きを読む

|

第一列王記 8:1-5

 エルサレムは、ダビデの支配していた時代から拡張されて行っているようだ。ソロモン...

» 続きを読む

|

第一列王記 7:51

 ソロモンは、これが父ダビデから託された事業であることを意識していたようである。...

» 続きを読む

|

第一列王記 7:15-50

 細かい作業内容は、この王宮、ひいてはソロモンの勢力、神ご自身の力を知るという意...

» 続きを読む

|

«第一列王記 7:13-14