ルカ 22:54-62

 ペテロが慌てたのは無理もない。だが、彼はここに入り込むべきではなかった。イエス...

» 続きを読む

|

ルカ 22:52-53

 この指摘は鋭い。そう、祭司長たちはこれまでだっていつでもイエスを捕らえることは...

» 続きを読む

|

ルカ 22:49-51

 斬りかかった弟子はペテロである。だがイエスはそれを遮った。ペテロとしてはイエス...

» 続きを読む

|

ルカ 22:47-53

 ユダがやってきた。イエスを引き渡すため、である。現代とは違い、夜は暗い。その中...

» 続きを読む

|

ルカ 22:45-46

 この言葉からすれば、弟子たちは単に怠けて居眠りをしていたわけではないようだ。彼...

» 続きを読む

|

ルカ 22:44

 血の滴のように、というのは、形状が血の滴のよう、だったのか、色合いが真っ赤だっ...

» 続きを読む

|

ルカ 22:43

 この部分は他の福音書にはない。ないことはさほど問題ではないが、天使の関与が語ら...

» 続きを読む

|

ルカ 22:42

 神の御子である方の祈りは、単に、神の指示には嫌々でも従います、というような意味...

» 続きを読む

|

ルカ 22:40,46

 弟子たちに対するこの言い方は、イエスのために祈っていて欲しいという趣旨が含まれ...

» 続きを読む

|

ルカ 22:39-46

 オリーブ山での祈りは、十字架という業の重さを強く指し示すものである。御子は、む...

» 続きを読む

|

«ルカ 22:35-38