ご説明

第一列王記終了

 第一列王記を読み終えましたが、本来これは、第二へと続いていくものですので(コリント第一、第二とは違う)、このまま読み進めていくことにします。インターバルを置くのも、今回は割愛して、ということで、明日からは第二列王記です。

|

抜け落ちました

 すみません。ちょっとばたついていたら、更新が抜け落ちてしまいました。今日から再開です。

|

正月の休み

 区切りが良いので、年内はここまでとして、正月の休みします。もちろん、聖書を読むこと自体は、お休みというような部類のものではないのですが。正月休みだからご飯を食べるのもお休み、という人はいないように、ですね。1/10からの再開にします。では、良い年を。

|

第一列王記を読む

 旧約に戻ることにして、どこへ進もうかと考えていたのですが、年代順にということで、サムエル記の後は列王記、ということにしました。歴史の部分が続いているので、預言書などに飛ぼうかとも思ったのですが、やはり、まずは出来事を抑えていただくのが良いだろう、ということです。では、明日から始めて行きます。新しい翻訳の「新改訳2017」を元にしていくことにしますね。

|

ルカの福音書 終わり

 ルカの福音書を読み終えました。1年と一ヶ月。マタイは10ヶ月でしたので、長さもあるのですが、ちょっとあれこれ考えながらという感じでしょうか。とても楽しいものでした。さて、次回は旧約に戻ろうと思っていますが、どこにするか。もうちょっと考えてみます。11/20からの再開、のつもりです。なお、新改訳2017が発行されたので、次からは、そちらを基準にして読んでいこうと思います。第三版と意味合いとしても違いが出ている場合には、そのことも触れておくようにしますね。ではまた。

|

お正月休み

 今年もずっと聖書を読み進めてくることができて幸いでした。12/31までは進めてきましたが、明日からは少しお正月休みにします。1/10から再開します。良い正月の休みが与えられますように。

|

第二サムエル終了

 5ヶ月ちょっとで、第二サムエルを読んできました。ダビデの生涯としてはほぼ終わりです。ソロモンの時代に入っていくと、様子が変わってきます。王たちの動向が国全体を決定的に左右していく様子は、必然とは言え、悲しいものをも感じさせられます。ですが、サムエル記を第一・第二と続けて読みましたので、次回からは新約に移ります。それで、福音書を読んだのはこの連載をマタイから始めた時のままなので、ルカを読んでいくことにします。マタイと重なる部分もありますが、様々、有名な記事もありますので、また改めてキリストの生涯をたどることにしましょう。ということで、2週間のお休みにして、10/8から始めて行きます。ちなみに、マタイはカテゴリーとしては「聖書」になっています。始めた頃は、ずっと続けているかどうか自信がなくて、カテゴリーもちゃんと定めていなかったものですから。そちらも改めて、どうぞご覧ください。

|

明日から第二サムエル

 明日から第二サムエルを読み始めます。ダビデが王様になって活躍していく姿が記録されています。問題性も含めて、その姿が赤裸々に語られ、それは神の前に生きる者のあり方を問いかけるものとなっていくはずです。

|

第一サムエル終了

 第一サムエルを読み終えました。半年ほどかかりました。でも、この記録はそのまま第二サムエルに続いていくものですので、引き続き、そちらを読んでいこうと思います。ちょっと旧約が長くなりますが、その後はまた新約を読みますので、しばらくおつきあいください。少しだけお休みをいただいて、5/15から再開することにします。

|

調整

 すみません。書いている内容が、箇所とずれてしまっているようです。15章から少し調整し直して行きます。順番が変わる場合もあるので、続けて読んでくださっている方は2,3日分、確かめ直してください。

|